コメドが大量発生してもすぐ治す方法を紹介

コメドの画像を掲載しています。コメド(角栓)の症状を画像で確認して、正しい治し方へとつなげていきましょう。無色透明に近いので写真が少し見にくいかもしれませんがご了承ください。

コメドが大量発生してもすぐ治す方法を紹介 > コメドの画像を掲載!(症状の確認を)

コメドの画像です

コメド(角栓)と名前を聞いても、なかなか画像としてイメージが湧きにくいですよね。まずはコメドの画像を確認して症状をしっかりと認識しましょう。

コメドの画像がこちらになります。



顔中に大量発生したコメドの写真を拡大した画像です。コメドは毛穴に角質汚れや皮脂が詰まった状態なので色はなく、無色透明と言ってしまっても良いと思います。

別名で「白ニキビ」なんて呼ばれることもありますが、どうみても透明の方が近いですよね。


毛穴にできる透明の細かいブツブツがコメドと考えればOKです。


ニュルっと角栓が押し出せる症状だけがコメドと考えられている場合もありますが、あれはコメドの中でも酷いコメドです。

毛穴に皮脂詰まりが起きていれば程度の大小は関係なくコメドと考えて、他の肌トラブルを引き起こす前にしっかりと対処できるようにしていきたいですね。

コメドを押し出すのはNG

「ニュルっとコメドを押し出すことが出来る」と先ほど書いてしまいましたが、爪やピンセットを使って角栓を出す方法はおすすめ出来ません。
(消毒すればOKでもないですよ!念押し)

失敗すれば肌に跡が残ってしまう可能性があるし、コメドは肌トラブルの初期症状に過ぎません。

ちゃんと対処すれば簡単に治すことも可能なのに、危険を冒してまで芯を出そうとする必要はありませんよ。


どうしても今日中にコメドを解消したい!という場合には皮膚科で面皰圧出という専門治療を受けることも出来るので、そちらを検討してみてください。

コメドプッシャーという専用の道具を使って角栓を押し出してもらえると思います。

とはいえ、そこまでする人は少数派だと思うので、やはり毎日のスキンケアを中心としてコメドを解消するだけではなく、予防も出来るように肌状態を整えていきたいですね。

コメドは悪化前に対処

コメドは肌トラブル・毛穴トラブルの最初の症状です。コメドが悪化すれば毛穴の黒ずみになったり、毛穴が開きっぱなしになったりすることもあれば、白ニキビから黒ニキビになって炎症を起こした赤ニキビになったりとニキビとして症状が進行して悪化していくこともあります。

ニキビにせよ毛穴トラブルにせよ、悪化の過程の中で一番治しやすいのは最初のコメドの段階です。

コメドはただ毛穴に角質がたまっている状態なので、肌に合った洗顔料さえあれば十分に解消が可能です。

だから、何としてもこの段階で治すんだ!コメドの内に治さないと肌人生において後々ツケを払うことになる!そんな強い思いを持って基礎化粧品の見直しから始めていきたいですね。